トップページ > フェイスブック > むし歯治療した歯が痛い 東京都内内幸町虎ノ門霞ヶ関新橋の歯医者歯科

むし歯治療した歯が痛い 東京都内内幸町虎ノ門霞ヶ関新橋の歯医者歯科



深いむし歯をセラミックインレーで治したけれど痛みが取れないので当院を受診された患者様。
・噛むと痛い
・なにもしなくてもズキズキ痛むときがある
・歯ぐきが腫れている
・セラミックインレー装着後から痛みがあり、担当医に削って調整してもらったけれど痛みが良くならない

数え上げるときりがない痛みの症状です。



根管治療では、適切な診断が重要です。

診断は、「歯」に対してと、「その歯を支える骨」に対する診断の2つが必要です。本症例の診断名は以下の通りです。
「歯」→「歯髄壊死」(神経が死んでしまっているということ)
「骨」→「根尖性歯周炎}(骨にまで及び膿んでいる状態ということ)


むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌を駆除すれば治ります。
つまり、細菌感染しているから痛みが続くのです。


このような症例ではレントゲン撮影画像だけでなく、CT撮影画像診査が術前診査に有効です。被爆線量の問題もありますが、それ以上に得られるメリットもあります。当院では患者さまと相談の上、積極的にCT診断を取り入れています。



ラバーダムをご存じですか???

根管治療ではラバーダムは必須です。治療中に唾液が患部に入り込むと、治療を阻害するばかりでなく、細菌感染の機会を与えます。治るものも治りません。ラバーダムは口内に「手術室」を作るようなことと匹敵します。手術室で手術を受けたいと思うのが普通ではないでしょうか?ちなみに当医院の根管治療は100%ラバーダム装着です。

上右写真は、セラミックインレーを外した状態です。外した先には露髄(神経の露出、神経に到達していること)が認められました。当然むし歯の取り残しもあります。聞くと、前医では拡大鏡ルーペマイクロスコープを使用していなかったとのこと。「肉眼では見えません」。適切な治療コンセプトがまず第一に必要ですが、それに必要な治療機器が揃っていなければ、何もできないのと一緒です。



本症例である上顎大臼歯の根管数(神経の数)は3~4根管です。

その根管内の細菌感染を取り除くこと、消毒無菌化することが、根管治療の目的であり、それが為されれば、治癒します。



本症例では、2つの根管を通常通りに根管治療、根管充填します。
あとの2つは「イスムス」という複雑な根管形態であり、そこに感染が認められたため、マイクロスコープを超音波チップを使用してキレイに洗浄消毒しました。しかし感染が市根尖外部にまで及んでいる可能性もあったため、その後歯根端切除術が必要となる可能性もお話しした上で、MTAによる根管充填を行いました。

治療により痛みは改善、歯ぐきの腫れも消失しました。
今後は再感染させないように精密なファイバーコアを植立し、セラミック系材料で精度の高い治療を行う予定です。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
マイクロ単位で精密に適合するクラウンの装着は、やり直しのない歯科治療・一生に一度の歯科治療には必須の治療であると考えております。

日々努力、日々精進です。
(本症例の治療を動画でご説明しております。当院の根管治療を受ける際は、是非ご覧ください。よろしくお願い致します。)

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。