日別アーカイブ: 2021年11月13日

治療後の説明が足りない・・・歯の治療、何をされたか分からない? #説明 歯の神経を残す #直接覆髄 #MTA #ラバーダム #マイクロスコープ

歯の治療、治療後の説明が大切です

歯医者を選ぶ1つの基準としてもいいでしょう!

治療が終わって気付いたらご担当の先生はもういない

何をされたのかも分からない

こんなことが多いようです

今回の動画は、歯の神経を残す治療後の患者様へのご説明の様子です

マイクロスコープを活用した透明度の高い歯科治療

4分程度の短い動画、ぜひご覧下さいね

宮﨑歯科医院 Youtubeチャンネル

 

 

テレビ、雑誌、メディア取材の依頼について

YouTube、テレビ、雑誌等のメディア取材、インタビューのご依頼、院内見学の依頼を承ります。

下記のリンクよりお申し込み下さい。

メールでお問合せ(取材などのご依頼) (miyazaki-dentalclinic.com)

後ほど、担当よりご連絡させていただきます。

歯科医療を本業としております。

そのため、返信が遅くなることもございます。ご理解いただければ幸いです。

お急ぎの際は、こちらからのご依頼に加え、当院までご一報下さい。

よろしくお願い致します。03-3580-8110

宮﨑歯科医院 院長 宮﨑 仁

宮﨑歯科医院 Youtubeチャンネル

 

 

 

ヤブ歯医者について

自分がどんだけヤブ医者かわかった気がする

ヤブ医者なんていません!

ただ、コミュニケーションが不足して、患者様にヤブ医者扱いされている例は沢山ある!と感じます。

医者も歯医者も、みなそれぞれの地域、それぞれの出来る能力で、その地域に住む患者様の求めにあった「医療」を提供するように日々努力されています。

● 多くの患者様を保険医療の範囲内で出来る限り拝見し、早々に痛みを取る治療が必要となる場合

● 難症例で、保険医療だけでは足らずに保険外治療を駆使しての治療が必要な場合

● 上記の中間のような場合

地域、患者様、医師の持つ知識と技術、、、様々な状況の中、皆必死に、患者様のために、「人のために」、そして「自分自身のために」医療に、仕事に『それぞれができる一生懸命で』臨んでいるはずです。

ただ、できること、出来ないこと、して欲しいこと、して欲しくないことは、医療従事者・患者様それぞれにある。

この点について十分なるコミュニケーションが「本来ならば」必要なのですが、それが出来る状況に無いのが「現在の日本の保険医療制度」かもしれません。

このボタンの掛け違いが、「ヤブ医者」という間違った解釈につながっているように感じます。