MTA 神経を残す 虎ノ門内幸町霞ヶ関新橋の歯医者

誰でも歯の神経の治療はしたくないものです。できればしない方がいい!
ではどこまでが「根管治療をしなくてもいいのか?」
どこからが「根管治療をしなくてはならないのか?」


「ジーンとした痛み・違和感」を抱えて当院を受診。「熱いもの・冷たいものは染みない、ズキズキもしたことがない」とのこと。レントゲン写真を診ると、深いむし歯であることが分かりました。正確を期するためにCTを撮影。むし歯が神経にまで到達していることが分かります。(写真をクリックしてください、拡大表示されます)

ラバーダムを装着し、神経を残すべく治療を始めます!


マイクロスコープで診ながらの治療。むし歯を染色する液を繰り返し使用してむし歯を削り取ります。神経が露出しているのが認められます。通常なら抜髄(神経を取る治療)ですが、ここで洗浄消毒を行い、MTAを貼薬します。

この状態で1週間ほど経過を観察です。神経残るといいですね!詳しくは上、動画をご参照ください。

当院では、徹底したやり直しのない治療を目標に日々の臨床に臨んでいます。
当院の治療については日々更新されるブログなどをご参照くださいね。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。