トップページ > カテゴリー 'その他'

その他

お心持を前向きに

平成25年12月10日

虎ノ門宮崎歯科医院には、大変に悩まれて 来院される患者さまが多くいらっしゃいます。

インターネットで情報を集め、多くの情報を御存じであるにも関わらず、悩み続けている患者さまがとても多い。。。 

問題・困難が生じると、人の心は、誰でも「不安定」になるものです。

歯の治療も然り。誰もが不安に駆られるものです。 

情報の氾濫する現代。
我々は、インターネットを通じて様々な情報をすぐ手にできます。

しかし、その情報源には 何らかの「意図」が存在するものです。

現象、物事は「ひとつ」ですが、その捉え方はヒトそれぞれ。

情報に惑わされ、「過去への後悔」と「未来への不安」に苛まれ、「今」に集中できない事はとても残念なことでしょう。

また、歯科治療を開始する時、つまり何かを為そうとする時は、現状の問題点を打破するために、何事も「不安定」になるものです。

つまり、何かを為すためには「心配事」は尽きないものなのです。

多くの先人・賢人が、この「心配事」について 多くの言葉を残しています。

『心配しても 明日の悲しみがなくなるわけではなく、ただ、今日の喜びが奪われるだけである。』(教育学者 レオ・バスカーリア)

『心配』するという行為には、大切な目的があります。
それは、起こりうる問題を避けるための策を見つけること。

しかし、日々変化する環境のみならず、変化進化する自分。
その策が見つからないことは多々あるでしょう。

ならどうする。。。 
まだ起こりもしていない未来に対する心配は無用なのでは。。。
起きてしまった過去に対する後悔も同様に。。

コントロールできない「未来と過去」に思いを巡らせても何も生じないのです。

目を向けるべきは、唯一コントロールできる「今」なのではないでしょうか。

アメリカの研究に、こんな研究結果があります。

「心配事の約80%は、実際に起こらずに済む」

これは、アメリカの大学の調査によりわかったそうです。

この80%のうち、どうしたいいのからわからないような心配事は、実は全体の4%。つまり心配事の96%は「取り越し苦労」なのだそうです。

『ユーモアのセンスがない人は、スプリングのない荷馬車のようだ。道の小石を、踏む度にガタガタと揺れる。』(牧師 ヘンリー・ウォード・ビーチャー)

『いかなる状況でもポジティブなことを探す「ゲーム」をしなさい。感情の95%は 物事をどんなふうに解釈するかで決まります。』(ブライアン・トレーシー)

『笑いのない日は、無駄な1日である』 (チャールズ・チャップリン)

『心配しても 明日の悲しみがなくなるわけではなく、ただ、今日の喜びが奪われるだけである。』(教育学者 レオ・バスカーリア)

『楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ』
(心理学者 ウィリアム・ジェームズ)

『口角を上げて笑顔をつくるだけで、前頭葉を刺激して、思考がポジティブになる』
(脳科学者 茂木健一郎)

チャレンジに「向かい風」はつきものです。

現状に甘んじて、何もせずに、止まっていれば風は無い。

少しでも前に進んでいれば、必ず「向かい風」をうけるんです。

鳥は飛び立つ時、「向かい風」に向かって飛ぶそうです。

飛行機だって、追い風では飛べません。

どんなに強い「向かい風」であっても、希望をもって前に進めば、

その風を巻き込み、 『追い風』になります。

お心持を前向きに。

これらの言葉が、少しでも皆様のお力になれればと思います。

歯の悩み

平成25年11月12日

自分の歯はどうなっているのだろうか?
今 受けている治療はどうなっているのだろうか?
自分の歯は今後、どうなっているのだろうか?
いまかかっている先生に こう言われたのだが、本当だろうか?

こういったご相談がとても多いですね。
「セカンドオピニオン」のご希望で、患者さま自身の歯の現状に対するご質問をされる方がとても多いようです。

内容は、
「抜歯しなくてはいけないと言われた。。。」
「高額な治療費を説明された。。。」
「治療時間がとてもかかっているのに 治っていない。。。」
「治療期間が もう2年にもなる、、、ゴールがみえない」

時には、現在受けている治療内容に?と思わざる得ない現状の患者さまもいらっしゃいますが、
そのほとんどが、コミュニケーション不足。

おそらく、歯医者側の説明不足でしょう。
担当する歯医者は、歯医者の立場から、歯医者としての理想的治療をお話されているようです。

歯医者の考えは、おそらく歯科医学的に「正論」でしょう。

しかし、その「正論」も、受ける側にとっては「正論」ではないこともある。
患者さまにも、治療歯に対する愛情、かかえるお仕事、歯科治療に費やせる時間・費用、、、皆 様々です。

「正論」を武器に、話を進めている歯医者が多いことを とても感じます。
私も反省しなくてはいけないかもしれません。

歯医者にとって、最高の治療ではなく、患者さまにとって「最善」の治療。
これがとても大切でしょう。

そのためには、お互いのコミュニケーション、とても大切です。

虎ノ門 宮崎歯科医院では、スタッフみんなで、このコミュニケーションを大切に日々の診療に取り組んでおります。

歯の治療、お悩みの際は、いつでも連絡ください!

小児矯正 症例報告会

平成25年9月30日

先日私の矯正の師匠である矯正専門医である森田明子先生主催のFOSSA勉強会にて小児の矯正治療の2症例の治療報告をさせて頂きました。

8歳女児。

一見綺麗な歯並びに見えますが、

前歯が出っ歯であり、下あごが奥左に偏位していることを主訴に来院。

当院では、矯正治療を行う際、必ず症例検討会にあげさせて頂き、同じ志をもつ先生方にご意見を頂き、治療を開始させて頂きます。
今回の症例もそのうちの2症例。

森田先生のいつもご教授頂く、 『最小の侵襲で最大の治療効果をあげる』ことを目標に、そのような状態となった「原因」を追求すべく、 「診査診断と治療の再評価」に重点を置き、資料を集め、診療を進行します。

写真のような症例は異常。

普通であれば、上顎と下顎の正中(黄色の線)は一致するはず。
また、上顎は下顎を覆うように歯並びは形成されるはず。

この正常とは逸脱した「形態」には何か原因がある。
先天的にこのような形態となる個体は少ない。

つまり
「異常な機能の変化による 2次的な形態の変化である」と捉え、
機能=形態
『良くない機能』が生体に働き、このような『良くない形態』が形成されたと考えることが大切になります。

この症例の場合、
良くない機能とは、 「口呼吸」 。

ヒトは通常、安静時は鼻呼吸です。

鼻呼吸により、口唇は閉じ、舌は上顎口蓋に押しあてられ、上顎歯列は
拡大成長していきます。

口が開きっぱなしのお子さん、、、、これは心配です。

耳鼻科疾患・アデノイドにより鼻呼吸ができない、、食生活、態癖などにより、
口唇を閉じる習慣がないなど、口で呼吸することを強いられると、

上顎の成長は抑制され、上顎骨は小さくなってしまいます。

この上顎の成長は、12歳ごろでその成長のピークを迎え終了します。

そのため、早期に上顎の成長を促し、なおかつ、上顎の成長を阻害する因子を取り除いてあげる必要があるのです。

写真の中ほどにある透明の装置がその装置。
上顎を拡大するとともに、下顎の位置を改善する。

約6カ月でその効果がでていますね。

これは、FOSSA勉強会でご教授いただいた診査診断を徹底したことによるもの。

最小の侵襲で最大の効果
が得られています。

このような咬合(かみあわせ)の問題を考える際、成人、小児に限らず、
①修復(=冠やつめものなど)による補綴学的咬合論
②崩壊した原因を考える生理学的咬合論
の2つの咬合論的観点から かみ合わせを論ずる必要があると
1972年の石原寿郎先生がその文献に記載しています。

現在では、この②崩壊した原因を考える生理学的咬合論を無視した治療が行われ、やり直しの治療が多くなっていることがしばしば見受けられます。

森田先生は、上記のような2点について、つまり

Stomatology(口腔医学) 炎症と力、顎口腔系の調和

Dentistry(歯科修復学) 不足を補う補綴(つめもの冠など)

の2点。口腔医学的観点から原因を追究し、治療を進め、歯科修復学的観点から、失った歯を治す治療が必要であることを説いていらっしゃします。

宮崎歯科医院においても、
このような観点より、治療を進めるべく日々の診察に臨んでおります。








サファイアインプラント

平成25年9月25日

これは 何だか おわかりになりますか?

人工サファイアを材質とした
「サファイアインプラント」です。

先日、他院にて埋入したサファイヤインプラントを、宮崎歯科医院にて摘出手術を致しました。

1980年代に使用されていたサファイアインプラント。

治療成績が悪く、失敗症例が多い。

ご年配の方々に「インプラント治療は怖い」と思わせるに至ったインプラントの一つではないでしょうか。





レントゲン写真を撮ると、下顎管(黄色の先、下顎骨内の神経)を突き抜けているように見えます。

患者さまにその当時のお話を伺うと、

インプラント治療をしてから右下の唇に「蚊に刺されたような」感覚があったとのこと。知覚麻痺ですね。

当院にて当該部位をのCTを撮影し、その画像にて確認してみると、サファイアインプラントが下顎管に接触している画像が認められました。

サファイアインプラントは揺れており、周辺歯肉は腫脹(腫れている)状態です。

傷つけないように無痛下にて慎重に摘出。

骨結合は全く認められず、歯肉上皮が骨内にまで迷入していました。

現在は痛みもなくなり、患者さまも ひと安心されているご様子でした。











テスト

テスト 0730

月の休診日

平成25年7月1日

7月の休診日のお知らせです。

7 月11日(木) 17:00までの診療
7月16日(火) 休診
7月17日(水) 休診

以上の日を休診とさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

test

かみあわせ(咬合)と顔貌との関係

顔面の成長パターンを典型的な2つのタイプ(フェイシャルパターン)にしたがって、咬合(かみあわせ)の問題について考えると理解しやすいようです。

長顔型は、顎関節の発育が不十分なことが多く、その結果、顎関節の動きにガタが大きくなり、
・ 片側でばかり噛む習慣がある。
・ 噛むと、どこかの歯だけが先にあたる、均等に接触していない。
・ 頬杖をつく、右下寝や左下寝、うつ伏せ寝などの態癖がある。
上記のような 顎を偏位させる因子が働くと、顎が偏位しやすく、咬合(かみあわせ)も不安定になりやすい傾向にあります。

これに対して、
短顔型は、
筋肉がしっかりしているので、長顔型のような悪い力が作用しても、顎関節やかみ合わせに問題が生じずらいようです。
しかし、強い咬合力(かむ力)によって、歯は咬耗(摩耗)しやすく、それにより顎関節に異常が発生することがあります。

このように、
いわゆる「かみあわせ(咬合)」に問題がある場合には、
上下顎の歯のかみ合わせのチェックだけでなく、
顔貌、骨格、歯列(歯並び)についても診査する必要があります。

もちろんではありますが、治療方法も、フェイシャルパターンによって異なります。



咬合治療の難しさ

平成25年1月8日

いわゆる教科書に書いてある『咬合』を、画一的に 患者さまの口腔内に与えたとしても、
患者さまは容易に適応するとは限りません。

ここに咬合治療の難しさがあるのでしょう。

『咬合』(かみあわせ)とは上下顎の歯の接触関係です。

理想的な上下顎の歯の咬合接触関係には、民族や人種に大きな違いがあることが認められています。

私が、大学院、大学病院時代に携わらせていただいた研究に『咀嚼運動』があります。

下顎骨が動き、上下顎の歯でかみ合わせることで食物を咀嚼する。

その下顎骨の運動を「咀嚼運動」といいます。

右の図は、下顎骨の動きを示します。

この動きは、脳幹にあるパターンジェネレーターで決められています。また、この動きに影響を与えるのが、上下顎の歯のかみあわせ(咬合)なのです。

よって、個人個人で、与えるかみ合わせは異なるということになるのです。

たとえるならば、
ゆったりした靴が好みの方に、カスタムメイドのぴったりした靴は履きづらく、痛みがでるのと同じこと。

いわゆる理想的咬合が、万人に適するわけではないのです。

かみ合わせ(咬合)は、
中枢の脳幹のパターンジェネレーターと
末梢の咬合(上下顎の歯のかみあわせ)、
この二つの協調性が大切になるということなのです。

この因子以外にも、精神的ストレス、骨格など、さまざまな因子が咬合には関わります。

咬合治療には、これらの絡み合った多くの因子を少しずつ少しずつ解き、原因をつきとめて治療することが大切になってくるのです。

虎ノ門 宮﨑歯科医院には、かみ合わせ関する問い合わせや来院がとても多くなっております。
先日も、かみ合わせ治療をしてもらったのですが治らない、、、というお悩みの患者さまが紹介で来院されました。

かみ合わせに違和感、不調和を感じる方は是非、ご相談ください。






インプラント症例発表

平成24年12月21日

先日、インプラントスタディーグループにおいて、症例発表をしてまいりました。

提示症例は2症例。 内容は抜歯即時埋入インプラント手術です。

詳細を見る