根管治療 神経残す→歯髄壊死 (都内港区新橋虎ノ門内幸町の歯医者)

全く症状のない 深いむし歯の1症例。
上動画はその様子です。ぜひご参考ください。神経を残すにはどのような治療をするのか?残せない神経(=歯髄)とは?が分かります。

患者様としては痛みが無いため簡単に治ると思っていますが、病状は重篤です。
その点をご説明させて頂いた上で治療に臨みます。

当院では治療前に次のようなご説明をいたします。

深いむし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
・徹底してむし歯を削り取ります。
・同時に、徹底して健全な歯は削りません。
ラバーダムマイクロスコープで臨みます。
・もし、むし歯が神経に到達していた際は(=露髄)、「神経を残す治療」をします。
・もし、神経(=歯髄)が死んでいたら(=歯髄壊死)、歯髄を取り除く「直接覆髄法」「断髄法」「根管治療」を行います。その際はMTAなど薬剤を使用します。
・直接覆髄や断髄法は、術後に痛みを伴うことがあります。痛みが治まらなければ、根管治療が必要となる可能性があります。
・それでも残せるのであれば神経を残す治療をチャレンジすべきだと思います

小さなむし歯を早期に徹底して治す。
神経を残す。
そのためには精密な補綴(インレーやクラウン)が不可欠。
深いむし歯には「神経を残す治療」を!
それでもダメならば、徹底した根管治療。
再根管治療でも治癒しない場合は、歯根端切除術。意図的再植術。
それでも、難しい場合は抜歯が最適な治療法。
簡単に抜歯はしないでソケットプリザベーションあるいは抜歯即時インプラント手術

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
削らずに感染を取り除くことは不可能です。
ならば徹底して削り取る、徹底して健全な部分は残す。

これらすべてには「マイクロスコープ」が不可欠です。

当院は、徹底した歯科治療で、一生に一度の歯科治療をめざします。

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。