歯の神経を抜かない・残す

神経を残す治療の後 オールセラミックスインレー (東京新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関日比谷港区千代田区歯科)


本症例は歯の内部深く進行したむし歯に対して、「神経を残す治療」を施した1症例です。術式はMTAによる直接覆髄法です。
その後、マイクロスコープを用いて歯を整形した上で精密に型どりを行いました。2週間後にオールセラミックスインレーを装着し、治療は終了です。

上にその型どり、オールセラミックスインレーセットの様子を動画でご説明しております。また、直接覆髄法の実際の様子については、下動画でご説明させていただいております。


神経を残す治療で成功をおさめるには、2つの重要なポイントがあります。
① むし歯を残さず取り去ること。
② 取り去った部分には精密なインレーやクラウンを装着し、2次感染を予防すること。
この2点が非常に大切です。

 

そのためには以下の治療環境が必要でしょう。
① にはマイクロスコープとラバーダム。
② にはマイクロスコープを用いた精密歯科治療。

また、材質として口内で変質・変形するメタルやコンポジットレジン系樹脂は、使用する材質としては不適当でしょう。セラミック系材料が最善です。

 

 

 

神経を残す 根管治療についてご質問(メール) (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田)

「神経を残したい」「適切な根管治療をお願いします」というご希望を頂き、当院には多く患者様がご相談、ご来院いただきます。以下のメールはそのうちの1つです。「症状と病歴の変化」「受けた治療法」のについて詳細に適切にご相談いただいております。これに対する当院の回答を以下に記載させて頂きます。病状へのご不安や適切な治療法を模索されている患者様には大変役に立つ内容ではないでしょうか。ぜひご一読いただき、ご参考くださいますようお願い致します。

ご相談内容

左奥歯にかなり以前に虫歯を治療した歯があります。昨年秋ごろから冷たいものがしみるようになり、次第に①暖かいものでもしみるようになりました。また②固いものをかむと痛みがあります。かかりつけの歯科医で金属を一旦はずし、③その下にあった神経を保護するつめものもとったところ、治療のあとは神経が見えるほど深かったとのこと。④虫歯はなかったらしく、⑤再度神経を保護する薬を2重にいれてもらい、上から白い保護材をかぶせた状態でしばらく過ごしていますが、やはり冷たいものが沁みる感じと、⑥固いものをかんだ際の痛みはあります。行きつけの歯科医に再度話したところ、金属のかぶせものをしても改善する可能性は低く(むしろ金属は熱をよく伝えるのでもっとしみるかもしれないと)痛みをなくしたいのであれば神経を抜くのもの選択肢とのことでした。いまのところ激痛というほどでもなく神経まで⑦虫歯菌が達しているわけでもない中で神経を抜くのはためらわれたので、少しかんがえますと保留しています。神経は残したいと思っており、何か良い手立てはないかと探していたところ貴院のホームページを拝見しました。

はじめまして。宮崎歯科医院 院長 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。

詳細なる内容の症状の経緯と治療内容のご説明をありがとうございます。大変よく分かりました。ご相談いただきました内容に回答させて頂きます。

実際に拝見していないことから、現在の病状に対する適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解ご了承頂いた上でお読みくださいますようお願い致します。

上記ご相談頂きました本文中に①~⑦を付記いたしました。その内容について回答させていただきます。

 

①と②と⑥の「症状の変化」について

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌は歯の上部から下部へ、深部へと進行します。その感染の深度によって、症状が変化します。

まずは、冷たいもので沁みて、そして温かいものが沁みるようになります。
その後は血流増加時(運動、睡眠など)に痛みが増し、それにともない、噛むと違和感痛みへとつながります。

神経を残せるか否かを「症状」から診断する際の一助についてはこちらをご参照ください。https://miyazaki-dentalclinic.com/22012

「むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であることについて」のご説明はこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/21898
https://miyazaki-dentalclinic.com/19490

現在は冷たいものが沁みて、硬いもので痛いとのこと。症状から推断すると以下の事が考えられます。

1)細菌感染が内部に存在し、それによる炎症は歯根先端に及んでいる
2)細菌感染は前医により排除されているが、感染による歯髄の壊死の可能性がある
3)細菌感染による歯髄壊死が全体に及んでいる

これに対して行える治療法は以下の通りです。

1)⇒ラバーダムを装着。神経を残す治療を施す。
2)⇒ラバーダムを装着。部分断髄法あるいは根管治療を行う。
3)⇒ラバーダムを装着。根管治療を適切に行う。

ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=IcQuBhzcGqg&feature=youtu.be

「当院の部分断髄法の症例」についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22909

③と⑤について

し歯は唾液中に存在する細菌の感染症であることから、深いむし歯治療や根管治療では、治療中の患歯への唾液の流入を予防すべく、「ラバーダム」の装着が必要となります。③の治療の際に、ラバーダムを装着しているか否か?はその治療の成否を決定します。

ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17703

 

④と⑦について

むし歯の有無について、拡大鏡ルーペ(8倍以上)あるいはマイクロスコープを使用して診査診断されてのご判断でしたでしょうか。当院ではラバーダムを装着し、唾液が混入しない状態としたうえで、齲蝕検知液を使用してむし歯を染色し、マイクロスコープで診査した上でむし歯を徹底的に取り去ります。私は、肉眼での診査診断での困難さを身をもって痛感していることから、肉眼での治療をここ十数年しておりません。

神経を残せるか否か?マイクロスコープを用いた診断についてはこちらをご参照ください。https://miyazaki-dentalclinic.com/22037

齲蝕検知液とは?むし歯を削る基準についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22122


むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
感染を取り除けば治癒しますが、取り除かなければ、感染は拡大します。歯の神経を取ることを心配し、その決断を遅らせることで、病状が悪化してしまう患者様のご相談が多いのは残念なことです。適切な治療を選択し、適切に行えば、歯は永く使用できるようになります。

以上が当院の回答となります。
お役に立てる回答となれば幸いです。よろしくお願い致します。  (宮崎)

 

当院の初診の流れについて(ご来院ご相談される際は必ずご一読ください)
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

 

 

 

 

 

マイクロスコープ歯の神経を残す (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)


インターネットで検索されて当院を受診された患者様。
神経を残す治療をご希望されました。上動画はその治療の様子です

痛みはありませんでしたが、むし歯は深く、神経(=歯髄)に達していました。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。問題は、「感染」です。

むし歯が神経に達していた(=露髄といいます)としても、感染がなければ、または感染により神経が壊死していなければ、神経は残すことが可能です。
一時的な神経の炎症ならば、たとえ痛みがあったとしても、神経を取らずにむし歯のみ取り、神経を温存することは可能です。

そのためにはラバーダムを装着し、唾液が混入することのない治療が必要不可欠であり、また神経(=歯髄)の状態を精査するため、むし歯を徹底的に削り取るためにもマイクロスコープが必要です。

当院では一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指し日々の臨床に取り組んでいます。

 

 

 

 

むし歯 神経ギリギリ 残す治療 (内幸町新橋都内の歯医者) 無痛麻酔


治療部位は下顎の大臼歯。

横に向いてはえていた親知らずを抜歯後、その手前の歯がむし歯になっており、他院にて神経の治療(神経を抜く治療、根管治療、歯内療法)が必要と説明され、当院へご相談されました。

患者様に痛みなどの症状はありません。

当院で根管治療の可能性もご説明させていただき、ラバーダムを装着し、マイクロスコープを使用した「神経を残す治療」をすることとなりました。

右上レントゲン画像は、初診時の所見です。他院で応急処置したセメント(青矢印)が、黄色矢印の示す歯の神経(=歯髄)に達していることが分かります。

上動画は、本症例に対して行った神経を残す治療「MTAを用いた部分断髄法」の実際の様子です。

当院の治療は、無痛麻酔・無痛治療(⇒その様子も上動画でご覧いただけます)です。治療後も痛みなどの不快症状はありません。


むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。むし歯治療を成功に導くには2つのポイントがあります。

① むし歯を徹底的に取り除くこと。
② 取り除いた後は、再感染しないように、ピッタリ適合したインレーやクラウンをかぶせること。
この2つです。

当院では一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指します。
このためにはマイクロスコープが不可欠です。お困りの際はご相談ください。

 

歯の神経 残す 夜中ズキズキ痛む (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田区)


2週間前に他院でむし歯治療を受けてから痛みがあり、さらに他院で診てもらうと、神経をとらなくてはいけないと説明された患者様。「夜中に痛くなったり、冷たいものが染みたりする」という症状があり、当院で治療することとなりました。

上動画はその治療の様子です。

当院で行った治療は、ラバーダムを装着してマイクロスコープで診ながらMTAによる直接覆髄法です。


むし歯は神経にまで達しており、神経(=歯髄)は若干の炎症を起こしていました。
感染源である細菌をマイクロスコープで取り去ることで、症状は改善するでしょう。
しかし、むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症、目に見えない感染や歯髄のバイタリティーが下がっていると、歯髄炎(神経の炎症)治まらず、今後、根管治療が必要となる場合もあります。経過を観察し、適切な治療を施す予定です。

根管治療や神経を残す治療で、当院には多くの患者様が来院されます。
初診でいらっしゃる際は、初診の流れを必ずご一読ください。よろしくお願い致します。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

 

 

 

歯の神経を残したい 神経が死んでいる (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)


当該箇所の治療歴として、子供のころに虫歯治療。詰め物の中で虫歯が発生したため、2年前に再度虫歯治療をし、神経近くまで大きく削った(ラバーダムなし)。半年ほど前より歯ブラシを当てた際に違和感を感じ、歯科医院を訪問するも異常なしとのこと。本日、他院を訪問し、神経を抜く必要があると診断を受けたたため、何とか当院で神経を残せないものか?とのご希望を胸に当院を受診されました。

治療前の段階で歯ぐきに腫れが認められていました。このような症例では神経が死んでいること(=歯髄壊死)がほとんどです。あらかじめご説明させていただき治療を行うこととなりました。

上動画はその治療の様子です。

以前に深いむし歯治療を行っているものの、その際に”ラバーダム”が装着されていない、あるいは”拡大鏡ルーペやマイクロスコープで患歯の状態を診ていない”と、その治療の際に歯髄(=神経)は細菌感染し、徐々に歯髄壊死となることが多くあります。

本症例もそのうちの1つといえるでしょう。

肉眼では微細なむし歯を染色し判断することは困難です。
そのため、当院では、深いむし歯治療や根管治療では、ラバーダムを装着し、治療中の感染を予防するとともに、マイクロスコープで治療に臨みます。

むし歯は唾液中に存在する”見えない細菌”の感染症です。
無菌的配慮を徹底した上で、治療に臨めば治癒します。

やり直しのない歯科治療、一生に一度の歯科治療を目指し、当院は日々の臨床に臨みます。

 

 

 

 

 

神経を取らない 抜かない マイクロスコープ(都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田区)


他院にて黄色矢印の歯にセラミックインレーを装着。装着後より痛みが続き、当院を受診されました。歯の内部には、むし歯が取り残されており、歯髄壊死の状態。当院にて適切に根管治療を行い、痛みを取ることができました。

本症例は、その隣の歯(赤矢印)のむし歯治療です。

冷たいものが染みる症状がありますが、それ以外の症状はありません。
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であるため、感染が進む前に治療をしたほうが、削る量も少なく、神経をとらなければならないリスクも軽減できます。患者さまより治療のご希望があり、神経を残す治療を行うこととなりました。


上動画は、当院の神経を残す治療の実際の様子です。患歯にはラバーダムを装着し、無菌的な治療が行えるような環境をつくります。その上で、マイクロスコープを用いて、むし歯を徹底的に削り取ります。

「むし歯を徹底的に削る」と云うと穏やかではなく聞こえるかもしれませんが、マイクロスコープを用いることで、「むし歯は削り、健全な歯は絶対削らない」ということが出来ます。当院のいう「むし歯を徹底的に削る」というはそういうことですのでご安心下さい。

本症例ではむし歯を取り除くことで、神経(=歯髄)に達し、露髄しました。「露髄=根管治療」とは当院は考えません。むし歯治療は「細菌感染を取り除くこと」です。

感染していなければ、たとえ神経が露出しても根管治療する必要はありません。また一部だけ感染しているのであれば、その部分の神経をとりのぞき、部分的に神経を残すことも可能です。これにはマイクロスコープが必要となります。

一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療が当院の目標です。
お困りの際はご相談ください。


 

 

 

神経を残す オールセラミックス インレー (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者マイクロスコープ)


痛みのある深いむし歯ので当院を受診された患者様に「神経を残す治療-部分断髄法-」を行い神経を温存し、オールセラミックスインレーで治療を終了した患者様の治療の様子です。

本症例、神経を残す治療の実際の様子は右写真をクリックご参照ください。

初診時、ズキズキと痛むことはあったものの、そのときどきだけ。長くは続かず、心配になり他院を受診すると「神経の治療が必要です」と説明されたため、なんとか神経を残せないだろうか?と当院を受診されました。

上動画は、神経を残す治療が終了し、その後の補綴(クラウンやインレーのこと)治療の様子です。

むし歯治療の成否は2つの点を徹底する必要があります。
① むし歯を徹底して取り去ること
② 取り去った部分は精度高く元通りに治すこと
この2つです。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌を徹底し取り去り、再度感染させないようにマイクロ単位でピッタリしたインレーやクラウンを装着することが「やり直しのないむし歯治療」に求められます。

そのためにはマイクロスコープが威力を発揮します。

 

 

歯の神経を残す治療 (都内港区新橋内幸町日比谷霞ヶ関虎ノ門歯科歯医者)


インプラント治療中の患者様のむし歯治療です。

むし歯は小さなうちに治しておいたほうが、歯を削らなくて済みます。
そのため、痛みはなくとも、定期的に歯医者に来院していただき、クリーニングだけで歯医者さんを利用通院するのが一番いいと私は思っています。

しかしむし歯になってしまったら、しっかりと削って取り除く必要があります。
「歯を削らないでください」という患者様の痛切なるご希望を伺います。大変よく分かりますが、当院では徹底的に”むし歯は”削り取ります。むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌を取り除かなければ、さらに感染拡大し、削る量がおおくなってしまうのです。

当院では徹底的にむし歯を削り取ります。

そのためにはマイクロスコープが必要です。むし歯を徹底的に削り取ると同時に、健全なる歯質や歯髄(=神経)は徹底的に残します!

これまでむし歯ではないところを削られた?という気持ちで来院される患者様も多くいらっしゃいます。なかなか治らないのでそのようなお気持ちになる御心持ちは非常によく分かります。当院では治療中の様子を上動画のように記録して患者様にお見せしています。そのため、「削られた」「削らないでください」「むし歯じゃないところを削られた」というようなお気持ちになる患者様は全くいらっしゃいません、安心して治療をうけていただける環境が整っています。

神経を残す治療や根管治療について、患者様より頂くご質問はこちらをご参照ください。

上動画は当院のむし歯治療の実際の様子です。MTAを用いて直接覆髄法にて神経を残す治療を行っております。

このような治療は、強拡大された視野でのみ行える治療法です。肉眼では見えないため不可能です。マイクロスコープ治療は。我々歯科医師にとっても非常に有用であると同時に、患者様にとっても非常に有用な治療機器をいえるでしょう。


 

 

 

神経取らない治療失敗 根管治療 (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田区)

根管治療前の患歯の状態

他院でメタルインレーを装着後より痛みがあり当院を受診された患者様。

神経を残したいとのご希望が強く、当院にて「部分断髄法」を施術し経過を観察していました。

部分断髄法の後、患者様には「術前のCTでも根尖に病変(赤矢印)が認められているので、この度の治療で感染が取り除けているのであれば、この病変は改善します。しかし歯髄壊死(神経が死んでしまっていた)の範囲は大きく、今後病状を見て、神経を取る(=根管治療)が必要となることがあります」と説明させていただいておりました。

3カ月後、拝見させていただくと、患歯の歯根周囲の歯肉が腫れており、歯髄壊死が強く疑われてたため、患者様にご説明させていただき、根管治療をすることとなりました。

上動画はその治療の様子です。

残念ながら、神経を残す治療に100%の成功率はありません。
神経を残すためには、次の3つが関係します。

① 歯髄への細菌感染の有無
② 歯髄のバイタリティー
③ マイクロリーケージの有無
詳細はこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/21762

当院では可能な限り神経を残す治療にチャレンジしておりますが、ときおり残せずに根管治療となる症例もあります。
それは、マイクロスコープでも判別できない「感染の拡がり」が大きかったことによるものと云えるでしょう。その際は、適切に根管治療を行うことで、細菌感染は除去することができ、それにより、その歯は永く永く使用することが可能です。


 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 9