日別アーカイブ: 2019年6月15日

費用 (根管治療・神経残す治療) 保険と保険外(自費)の違いについて

根管治療・神経を残す治療の際の費用について


保険証をお持ちの患者様
の費用は以下の通りです。

根管治療

① マイクロスコープ加算 ¥10,000-(1歯治療1回のみ算定)
② ディスポーザブル器材代 ¥5,000-(ラバーダムなど)(1歯治療1回のみ算定)
③ CT撮影診査 ¥3,500-
④ ステンレススチール製のファイル ¥500-(使用した回数毎算定)
⑤ C+ファイル ¥500(使用した本数毎算定)
⑥ MTA ¥5,000-(使用した場合算定)

通常では、①~④が必要となります。
⑤と⑥は、症例により使用する場合がございます。

神経を残す治療

⑦ マイクロスコープ加算 ¥10,000-(1歯治療1回のみ算定)
⑧ ディスポーザブル器材代 ¥5,000-(ラバーダムなど)(1歯治療1回のみ算定)
⑨ CT撮影診査 ¥3,500-
⑩ MTA ¥5,000-(使用した場合算定)

通常では⑦⑧⑩が必要となります。
⑨は、症例により必要となる場合がございます。

(※上記には別途保険治療費用が必要となります)

保険証をお持ちでない患者様、保険外治療をご希望の患者様費用は以下の通りです。

マイクロスコープ根管治療(保険外治療)
前歯 ¥70,000-
小臼歯 ¥80,000-
大臼歯 ¥90,000-
4根管・樋状根 ¥100,000-
再根管治療は+¥10,000-
(マイクロスコープ、ラバーダム、CT、MTA、ファイルなどのディスポーザブル器材含む。歯根端切除術、ファイバーコアは含まない)

神経を残す治療
¥55,000-
(マイクロスコープ、ラバーダム、CT、MTA、ファイルなどのディスポーザブル器材含む)

 

 

上記の保険治療、保険外治療では、原則「治療方法」に違いは設けておりません。
違いは、使用する器具・器材などがすべて新品か否か、治療回数となります。
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であるため、最善を尽くすのであれば、器具器材も新品がより良いでしょう。少ない来院回数をご希望の患者様、最善を尽くしたい場合は、保険外治療をご選択ください。

保険と保険外(自費)の根管治療の違いについて わかりやすく説明

またその後に続く補綴治療(クラウンやインレー)には、その後の再感染予防の観点から、精度の高い保険外治療をおススメしております。
詳細は以下をご参照ください、
https://miyazaki-dentalclinic.com/category/money

当院では電話による費用のお問い合わせは受け付けておりません
口内を拝見しないことには適切なアドバイスができないことが主な理由です。
治療の詳細を御知りなりたい場合は、当院を受診くださいますようお願い申し上げます。

初診の流れは以下の通りとなります。必ずご一読ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

 

 

根管治療した歯が痛い 膿んでいる 痛みが引かない

仮蓋を外すと中から排膿出血 根管治療した歯が痛い 痛みがひかない 再根管治療症例 下顎大臼歯奥歯本動画は、他院で根管治療したが、ズキズキする痛みが引かず、膿んでいる状態で来院された患者様の再根管治療の様子です。

聞くと、マイクロスコープにラバーダムを使用して治療されていたとのこと。早速当院でもラバーダムを装着し根管治療に臨みました。

仮蓋を外した状態が右写真です。蓋を外すと同時に出血と排膿(膿「うみ」がでること)が根管内に満たされていました。

ペリオドンホルムアルデヒド製剤 神経の失活 殺す薬根管内を洗浄すると、その下に綿の塊があります。

ホルムアルデヒド製剤です。神経を失活(殺す)させる薬剤で、日本の一般的歯科医院で使用される根管治療薬です。当院では使用しておりません。理由は以下のリンクの通りです。治癒を阻害し、科学的根拠にかける薬剤といえるからです。https://miyazaki-dentalclinic.com/19626

根管治療 マイクロスコープ ラバーダム

むし歯は唾液中に存在する細菌が歯の内部に感染を広げる病気です。

そのため、感染を徹底的に取り除く必要があります。それにはマイクロスコープで診て治療に臨むのが効果的です。

しかし、他院で施術された本症例は、マイクロスコープを使用した上での根管治療とのこと・・・むしばの取り残しは見えているはず・・・患者様にとっては残念でならないでしょう。

マイクロスコープとラバーダム 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 根管治療神経の治療根っこの治療

UCLA正式プログラム 認定 根管治療 修了証ラバーダムで治療中の歯への唾液感染を予防しつつ。内部に感染した細菌を削り、薬液で洗浄消毒する。根管治療は、これをただ黙々と行えば普通に治るのです。当院では1~3回で根管治療終了です。

マイクロスコープを用いて、徹底した歯科治療・根管治療を行うことで、当院の目標とする「一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療」を日々目指し精進です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

深いむし歯の神経を残す 《MTA直接覆髄》

銀歯(メタルインレー)が外れて当院を受診された患者様。

痛みはありませんが術前のレントゲンでは深いむし歯が疑われます。
本動画は、深いむし歯が歯の神経(=歯髄)にまで達していても、神経を残すことができることをご説明しております。マイクロスコープとラバーダムを用いた「MTA直接覆髄法」です。

直接覆髄法 MTA レントゲン写真の解説

齲蝕検知液 むし歯を染色上レントゲン画像は、術前のレントゲン所見です。

10年以上前に治療して頂いた歯の再治療ですが、2層に分けた覆髄(神経を保護する治療)処置が施されていました。丁寧かつ手際よく処置されていることが分かります。

しかし、覆髄材を外すと右上写真画像のようにむし歯になっていました。
露髄部を洗浄消毒 露髄しても神経を取る必要はありません
マイクロスコープを使用して、徹底的にむし歯を取り去ります。

本症例では、むし歯が神経に達しており、むし歯を削ることで、神経(=歯髄)が露出しました。これを露髄といいます。

露髄をしても、神経を取る必要はありません。
むし歯治療は、「歯に感染した細菌を取り除くこと」です。神経にまでむし歯が及んでいても、神経全部を取る必要はないのです。「感染している部分だけ」を取り去れば治ります。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

そのためには、2つポイントがあります。
① ラバーダムを装着して治療に臨むこと
② マイクロスコープで治療に臨むこと

マイクロスコープ診療室 第1第2マイクロスコープがあれば、むし歯の残しを予防できます。
また、神経にまでむし歯が及んでいる症例で、その神経(=歯髄)の状態、生死を判定することが出来ます。

当院ではマイクロスコープを活用し、可能な限り歯の神経を取らない・残す治療を行います。一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療が当院の目標です。